TIMEWARP RIDERS CLUB

バイクは少年を大人に、大人を少年に還す。

バイクのパーツ・アイテムが激安で買えちゃう方法見つけてやってみた

バイクのパーツって基本的に高いですよね。

マフラーだとか、バックステップだとか、そういうものならある程度我慢して「そのうちね」と先送りできるかもしれません。

でも夏の熱い時に「メッシュのジャケット欲しい」とか、冬が来る前に「グリップヒーター付けたい」なんて、待ったなしで手に入れたいものもありますよね。

ただ、そういうときに限ってお金もないし、カード使うのも何だかで…?

こういうの、あるあるじゃないですか?

筆者も今回夏に買ったばかりのXJR1300Lにグリップヒーターを付けたいんですが、恥ずかしい話全く予算がありません。

でも、超破格で手に入れる方法を見つけたので今回はそれを試してみたいと思います。




「お金がないけど必要なもの」へのアプローチ

量販店のバーゲンセールもかなり頑張ってくれますし、ネットショップも格好安いですね。

中古でもいいなら、ヤフオクなどのネットオークションでバイク用品をさらに安く手に入れることもできるでしょう。

今回筆者がご紹介するのはもっと引き幅のデカい買い方、それはズバリ、カードポイントを有効に使うという方法なんです。

「えっ、何だよ、んなポイントなんてたかが知れてるだろうが(#^ω^)」

はい、その通り!

通常なら、ポイントなんてよっぽど買い物して貯めないと、バイクのパーツを買えるほどになるわけありません。

せいぜい貯まって500円とか1000円引きぐらいになればいい方ですよね。

でもポイントって、カード会社の内容にもよりますが、ある時爆発的に貯めることができるんです。

キャンペーンに乗っかろう

小題で言っちゃいましたから、もうお分かりだと思います。

そうなんです、カード会社等のキャンペーン。

このときにポイントが倍増することはよくありますし、特に「新しくカードを作ったらウン千円分プレゼント」なんてありますよね。

新聞をとりはじめたのが、洗剤とかお米がちょうどキレちゃってる時だったなんて経験ないですか?

このブログも自転車操業にエンジンを付けたような恰好でやっていますから、そういう「おまけ欲しさに」ということは結構あるんですよね。

今回もその一環でした(汗)

いずれにしても大事にしたいのは、そこでもらえるポイントです。

確かに「これ以上カード増やしたくないよ」と抵抗感を感じる方も多いと思います。

ハイハイ筆者もそうでした。

でもカードは契約しても使わなければいいです。

特に年会費がずっとかからないカードだったりすれば放置もアリですね。

ただ、今までのよりお得感のあるカードだと思えば、メインカードとして整理していけばいいんじゃないでしょうか。

例えば楽天の場合…

↑↑↑このバナーは他の記事にもよく載せてますが、ご覧になったことはありますでしょうか?

楽天は5,000円相当のポイントをくれるわけですが、結構5,000円っていい値段ですよね。

ただ、一気に5,000円分をもらえるのではなく、

参考元;https://www.rakuten-card.co.jp/campaign/rakuten_card/listing/a.html?sclid=o_rkc_campaign_listing_pc

という内訳ですから、最初は2,000円分です。

で、この2,000円分をとっとと使うのではなくて、カードが届いたらまず、どうしても買わなくてはいけないものを買うのに使うといいでしょう。

そうですね、例えばガソリンをこれで一回でも入れれば翌月20日頃に3,000ポイントがもらえるわけです。

2カ月計画で行けば、5,000円更に購入金額に見合ったポイントも溜まって、

【メーカー在庫あり】RS TAICHI TRV034 フレックス チェストプロテクター(ベルトタイプ)

価格:6,804円
(2017/10/13 12:54時点)
感想(0件)

例えばこういうもの↑に手が届きやすくなりますよね。

筆者も楽天さんはこれまでも利用してきたのですが、特にオイル交換などではお世話になりました。

次期を見計らうと、楽天には「スーパーセール」というのが予定非公開で不定期に開催されているんです。

このスーパーセールになると50%オフになる商品も数多く、購入ポイントも普段の数倍。

普段溜めていたポイントと合わせてワコーズのオイルをペール缶で買ってみたり。

普段はできない結構大胆な買い物ができちゃったりするんですね。

他にも楽天の場合うれしいことがあって、


参考元;https://www.rakuten.co.jp/

みたいにポイント倍増企画が満載なので、ちゃんと使ってみるとお得感は大っきいですね。

yahoo!のキャンペーンに乗っかってみた

楽天さんはこんな感じで筆者の場合、車&バイクのオイルをまとめて安く買うのに使わさせてもらってます。

そうしたところに最近、某犬携帯キャリアさんから長期利用特典ということで期間限定、しかもYahooショッピングのみで使えるというT-ポイントが何と3000円分入ってびっくり。

でも「そんなもん」くらいにはじめは大して期待もしてなかったんです。

でもだんだん寒くなってきて、グリップヒーターの必要性に迫られ、

前のバイク(SRX400)に使っていた↑のグリップヒータの購入を検討し始めた頃でもありました。

ちなみにこのグリップヒーター、温度を最強にすると真冬でも掌が「あちっ」と思うほど強力なんです。

でも、ちゃんと自動制御でバッテリーに負荷がかからないようになっています。

その上、電圧計がついていて、夏でも電圧管理に一役買ってくれるという優れもの。

SRX400につけていて重宝したので、どうしても手に入れた買ったんですよ。

ただやはり、おこずかい計画もひっ迫の折、どうやったら手に入れられるかをかなり悩んでいたんです。

そんな時にYahoo!のページで自分のT-ポイントを眺めていたら…。

携帯会社のお犬様から、長期利用特典ポイントということで3000ポイントが入っていたんです。

更にその時横のバナーに…



※2018年2月10日追記;この記事の執筆時は10,000円分のTポイントがもらえる内容でしたが、変動があります。追記時点では8,000円分になっています。

というバナーが踊ってるではありませんか。

ええ、笑ってやってください。

「10,000円相当のポイント」と、「年会費永久無料」の文字に目がくらみ、早速Yahoo!カードに申し込みを開始です。

バナーを広げると


参考元;https://card.yahoo.co.jp/campaign/?pid=aff

という画面になり、とりあえずカードを申請した段階で楽天のように段階的にポイントがもらえるということです。

既にお犬様から3,000ポイントプレゼントされているので、ここに5,000ポイントゲットは超ラッキーです。

ということで、カードをご成約っ!

カード契約直後の筆者のT-ポイントはこんな ↓ 感じに!

明細を見ると、さらにカード利用で5000円分のポイントがもらえることになっていました。

ただ、このポイントには利用機関に制限があって、しかYahoo!内のお買いものにだけ有効です。

そして残りのポイントは一気にもらえるのかと思いきや、

つまり、カードが来て2カ月目の末までに2回買い物をすれば、4か月後にもう5,000円分ということでした。

一気に1万円はなりませんでしたが、4カ月先にちょっとしたお小遣いが入るのなら「これでウエストポーチ買うのに使おう」なんて楽しみが増えました。


早速使ってみた

隠して、もとい、かくしてカードが手元に届いたので、早速グリップヒーターを買ってみます。

Yahoo!ショッピングに入りエンデュランスの商品ページをクリック。

クリッククリックで進んでいくと、「注文確定」一個手前の画面がこんな感じ。

このまま「ポチっ」としてしまうと、定価の9,720円になってしまいます。

大事なのが、「Tポイント利用」という水色のボタンを押し忘れないこと。

ちゃんとこのボタンを押すと、下の画面になって、

ほーらほらほら、10,000円近いグリップヒーターをなんと、1,609円で買うことができちゃいました。

よし!これでオレンジツーリングもさむくないっと。

まとめ

今回は筆者が日頃利用している楽天のポイントと、にわかに飛びついたYahoo!ショッピングのT-ポイントの利用についてレポートしてみました。

今回ご紹介している2社のカードは、ポイントのプレゼントがもらえたり、ポイント比率が爆発的に変動したりするカード。

ゲームで言ったら、桃鉄の「ぶっとびカード」みたいなものかもしれませんね。

新しいシーズンに向けて欲しいものいっぱいありますよね。

今回はいわゆる小物を買ってみたのですが、2万3万くらいのものを考えていたとしても、こうした特典は助かりますよね。

楽天のスーパーセールも、まとめ買いすると嬉しいです。

Yahoo!のカードの場合だとヤフオクでも使えますから、もらった5000ポイントは落札の時ちょっと心強い味方になるでしょう。

とにかく普段の必需品などを買いながら、集めたポイントと、こういうお祭り的なポイントを合わせてドカンと行く。

 

ポイントの貯め方や使い方を考えれば、これまで我慢していたバイク用品が大胆に手に入れられるかもしれませんね。

気持ちがグラッときたら、思い切ってやっちゃいましょう。

いずれにしても、カードの使い過ぎにはくれぐれもご注意を!

コメントを残す